2013年8月14日水曜日

ウィキペディアに通信料無料でアクセスできる「Wikipedia Zero」がインドに上陸

スクリーンショット 2013 08 14 1 02 54

携帯電話からウィキペディアに通信料無料でアクセスできる「Wikipedia Zero」のサービスがインドで開始された。Wikipedia Zeroは、ウィキペディアを運営するウィキメディア財団が立ち上げたプロジェクトで、新興国におけるウィキペディアへの無料アクセスを実現するというもの。


同件はウィキメディア財団の公式ブログが報告している。今回、Wikipedia Zeroがインドでサービスを開始したのは、同国7番目の携帯キャリアAircelとの提携によるもので、同社の国内シェアは7%にとどまるが、12億人の人口を抱えるインドでは約6000万人のユーザーが無料アクセスの恩恵を受けるという。


そもそもウィキペディアは無料で閲覧できる百科事典サイトだが、Aircelの携帯電話回線から「m.wikipedia.org」または「zero.wikipedia.org」にアクセスした場合、データ通信料すらも無料でウィキペディアを利用できることになる。


また、インドでは様々な言語が使われており、公用語だけでも22言語があるが、Wikipedia Zeroでは英語版以外のウィキペディアにも無料アクセスが可能。同財団の公式ブログによれば、インドでは非英語コンテンツへのアクセスは、とりわけ携帯電話からのものが多くなっており、ウィキペディアへの携帯電話からのアクセスは、全世界で17.3%であるのに対し、たとえばヒンディー語版ウィキペディアでは22.1%が携帯電話からのアクセスが占めているという。


Wikipedia Zeroプロジェクトは、「すべての人に無料で知識を」というウィキメディア財団の理念の下、2012年にアフリカのウガンダから開始され、その後、アジアではマレーシア、インドネシア、パキスタン、スリランカに展開されている。現在では世界17ヶ国、約5億人がウィキペディアに携帯電話から無料でアクセス可能となっている。


日本の携帯電話ではパケット定額制が一般的であり、通信料無料といってもあまりピンと来ないが、インドを始めとする新興国ではプリペイド方式が主流であり、豊富な知識を得られるウィキペディアに通信料無料でアクセスできることは大きな意味があり、Wikipedia Zeroの取り組みは重要だと言える。


2013年5月12日日曜日

iPhone版LINEで有料スタンプ プレゼント機能が突然の終了 − その理由を考える

スクリーンショット 2013 05 12 2 58 04

iPhone版LINEで有料スタンプのプレゼント機能が終了した。LINE公式ブログでの発表と同時に機能提供終了という唐突さと、その理由が「Apple社からの要請」としか説明されていないことから、様々な憶測を呼ぶ事態となっている。本稿では、同機能の終了の理由について、その決済方法に着目して考察していきたい。

まず、LINEの有料スタンプ プレゼント機能が、どのような決済の仕組みだったかをおさらいすると、アプリ内で「スタンプ用コイン」を購入し、そのコインを使うことでスタンプを買い、友人などにプレゼントするというものである。

スタンプ用コインという仮想通貨を経由するというのがポイントで、そこが自分で使うための有料スタンプを購入するのと異なっている。自分用の有料スタンプを購入する場合は、仮想通貨を経由せずに1種類○円としてアプリ内で購入する。

スタンプ用コインの購入にはApp Storeの決済が使われるため、売上の3割はAppleに行く仕組みだ。これは自分用の有料スタンプを購入する場合と何ら違いはない。

仮想通貨を使っていたことが今回の終了の理由ではないかと見る向きもあるが、仮想通貨自体はApp Storeの審査ガイドラインでも認められており、実際にソーシャルゲームなどの多くのアプリで仮想通貨が使用されている。

では、何が問題だったのか?

ヒントとなると思われるのが、アプリ内課金についてデベロッパー向けに書かれた「In−App Purchaseプログラミングガイド」(PDF)だ。そこに以下のような留意点が記されている。

中間通貨のようなアイテムを提供することはできません。これは、特定の商品やサービスを購入
するということがユーザに認識されることが重要であるためです。

とりわけ注目したいのが2文目だ。つまり、何を購入したのかを、ユーザーが明確に認識できるようにすることをAppleは重要視している。

仮想通貨を一旦購入してから、その仮想通貨でアイテムを買うというのは、何をいくらで買ったのかあやふやになりがちだ。とりわけ、自分で使うものではなく、LINEの有料スタンプ プレゼントのように他人に渡してしまうのであれば、自分の手元には何も残らない。これがAppleが問題と見た点ではないだろうか。

今回の有料スタンプ プレゼント機能の終了には、Appleへの批判も多く散見される。すなわち、そのような裁定を下すのはプラットフォーマーとしての身勝手であり、ユーザーのメリットを損なう。ユーザーはiPhoneを捨て、Androidへ向かうだろうというものだ。

しかし、果たしてAppleはユーザーのほうを見ていないと言えるだろうか。仮想通貨を経由することがユーザーの金銭感覚を麻痺させることは、多くのソーシャルゲームがそれを取り入れていることにより明らかだ。デベロッパーはあの手この手でユーザーから金を落とさせようとするが、健全なアプリプラットフォームを築くためにはプラットフォーマーが歯止めをかけなくてはならない。

Androidを含め1億5千万ユーザーを突破したLINEの影響力は日に日に増している。それだけに、今回の問題も大きな話題になっている。今後、仮想通貨を取り入れた他のアプリへの波及もあるのか注目していきたい。

2013年4月12日金曜日

ダウンロードした「全ツイート履歴」をiPhone/iPadで読む方法

スクリーンショット 2013 04 12 19 35 21

Twitterで過去の自分の全ツイートのダウンロードが可能になりました。

http://blog.jp.twitter.com/2013/03/blog-post_22.html

全ツイートのダウンロード方法については、様々なWebサイトでも紹介されているので、今回はそのダウンロードしたツイートをiPhoneで読む方法を紹介しましょう。

スクリーンショット 2013 04 12 19 37 09

1.解凍したフォルダをDropboxの「Public」フォルダへ移動する

2.フォルダを開いて、「index.html」の公開用リンクを取得(クリップボードにコピー)する

スクリーンショット 2013 04 12 19 38 11

3.コピーしたURLをメールなどでiPhoneに送り、そのURLをSafariで開く

IMG 2473

iPhoneで全ツイート履歴が閲覧できるようになりました。もちろん、iPadやAndroidでも閲覧可能です。

※公開用URLを知っているユーザーであれば、誰でもツイートを閲覧できるようになるので注意しましょう。

※ピンチアウトで拡大した場合、レイアウトが崩れます。

2013年3月27日水曜日

米T-MobileがiPhone 5の提供開始へ! さらに、2年縛りを廃止!!

スクリーンショット 2013 03 27 10 34 42

全米第4位の携帯キャリアであるT-Mobileは3月26日、ニューヨークで開催されたイベントで2013年4月12日より、AppleのiPhone 5の提供を開始することを発表した。T-Mobileは同時に、契約プランの“根本的な簡素化”を打ち出しており、顧客はいわゆる“2年縛り”と呼ばれる2年の契約期間に縛られずに、契約期間の定めなくiPhoneを購入することが可能となる。

米国では主要4キャリアのうち、これまでT-MobileのみがiPhoneを取り扱っていなかったが、同社がiPhone 5の提供を開始することにより、全てのキャリアからiPhoneが販売されることになる。なお、同社はiPhone 4、iPhone 4Sなどの旧機種の提供も行うとのこと。

iPhoneを取り扱うキャリアが増えることは、日本でNTTドコモからiPhoneが提供されることを期待している人にとっては注目かもしれないが、ここで特筆すべきは、日本の携帯キャリアでも“常識”となっている“2年縛り”を廃止することについてだろう。

T-Mobileが新たに打ち出したスマートフォン向けの契約プランでは、内容を簡素にするために2年縛りや端末購入代金の割引を撤廃している。たとえば、iPhone 5を分割購入する場合、まず頭金99ドルを支払い、残りを24カ月にわたって毎月20ドルずつ支払うこととなる。

通話とデータ通信のプランでは、毎月50ドルの利用料金で無制限の通話とテキストメッセージ(SMS)、月間500MBまでの高速データ通信が可能となっている。データ通信量が500MBを超えた場合、速度制限が行われる。また、10ドルを追加で支払えば月間2GBまでの高速データ通信が可能となり、20ドルを追加で支払えば月間無制限のデータ通信が可能となっている。

このプランを用いることにより、全米最大手のAT&Tで2年間、iPhone 5を使用したときと比較して、「1000ドル節約できる」(T-MobileのCEO、John Legere氏)とのこと。

新規顧客の獲得で苦戦が伝えられるT-Mobileだが、iPhone 5の取り扱いと契約プランの簡素化により、顧客の支持を得て巻き返しを図れるのか注目だ。

2013年3月24日日曜日

「首相官邸アプリ」が登場! ただし、Android 2.2以下の国民は切り捨て!?

Device 2013 03 24 113441Device 2013 03 24 113357

首相官邸の公式スマートフォンアプリ「首相官邸アプリ」が3月22日に公開された。iPhoneAndroid向けに提供されており、App StoreおよびGoogle Playより無料でダウンロード可能。なお、対応機種はiOS 4.3以上またはAndroid 2.3以上となっている。

同アプリでは、首相官邸HPの更新情報を入手したり、首相の記者会見動画を視聴することが可能。また、首相官邸のFacebookページへのリンクも用意されている。TwitterやFacebookで情報を共有する機能も備えている。

ちなみに、Google Playなどのアプリの詳細ページでは、開発者名は「内閣官房内閣広報室」となっている。

同アプリの開発には、「虚構新聞」や「日刊サイゾー」のスマートフォンアプリにも採用されているブレイブソフトのニュースアプリプラットフォーム「NEWS AGENT」が採用されているとのことだ。

首相官邸のFacebookページやLINEアカウントを開設するなど、新たなメディアでの情報発信に積極的な安倍内閣なだけに、今後の取り組みにも注目が集まるが、利用するプラットフォームやメディアが異なることで、国民の入手できる情報に格差が生まれないような取り組みが望まれるところだろう。

2013年3月20日水曜日

米Amazon、ブログやWebサイトに設置できる「Kindleに送る」ボタンを公開

スクリーンショット 2013 03 20 10 54 58

米Amazonは3月19日、同社ブログにおいて、自分のWebサイトやブログに設置できる「Kindleに送る」ボタン(Send to Kindleボタン)をリリースしたことを発表した。

「Kindleに送る」ボタンは、WebサイトまたはWordPressブログ向けに公開されたもので、Webサイトの読者が記事に設置された「Kindleに送る」ボタンを押すだけで、簡単に記事を送信することができ、Kindle端末やiPhone/iPad/AndroidのKindleアプリで閲覧することが可能になる。

Webサイトの運営者は、米AmazonのWebページにおいて、「Kindleに送る」ボタンのコードを取得し、自分のWebサイトやブログに設置することが可能。

なお、「Kindleに送る」ボタンは、すでに「Washington Post」や「TIME」のWeb版に実装されている。

スクリーンショット 2013 03 20 10 52 47

http://www.washingtonpost.com/

 ちなみに、今回公開された「Kindleに送る」ボタンは、Amazon.comアカウント向けのツールとなるため、Amazon.co.jpアカウントのユーザー向けに使用することはできない。

今後、Amazon.co.jpアカウント向けのツールも公開されれば、気になったニュースやブログの記事をあとからKindleで読む、というスタイルが日本でも定着するかもしれない。

2013年3月18日月曜日

プラハでは、水着モデルがXperia Zをアピール!

Xperia Z.

チェコのプラハで、ソニー製Androidスマートフォン「Xperia Z」のユニークなPRイベントが実施されたことを「Android Central」などが報じている。

プラハにあるT-Mobileストアで実施されたイベントでは、男女の水着モデルがXperia Zの防水機能をアピールするために、透明のシャワールームで端末を操作するデモンストレーションを行ったとのこと。イベントの物珍しさもあって、多くのギャラリーが足を止めて注目していた模様が紹介されている。

 日本ではさほど珍しくない防水機能だが、グローバルモデルとしては珍しく、このようなアピールは有効であるかもしれない。

2013年3月17日日曜日

これが、LG Nexus 5のリーク画像だ…!?

スクリーンショット 2013 03 17 22 45 36
http://androidandme.com/2013/03/news/rumor-is-this-the-lg-nexus-5/

米メディア「Android and Me」が、匿名からの情報として、LG製「Nexus 5」のリーク画像を紹介している。

あくまで噂であるとして同誌が伝えるところによると、Googleは2013年の後半(10月)にAndroidスマートフォンの次期リファレンスモデル「Nexus 5」をリリースする計画であり、それに向けて複数メーカーに作らせたプロトタイプを評価しているとのこと。そして、そのうちの一つがLG製のコードネーム「Megalodon」であり、紹介されている画像の端末だという。

同誌では、スペックのリーク情報もあわせて紹介しており、5.2インチのフルHD有機ELディスプレイ、16メガピクセルカメラなどを搭載するとのこと。

信憑性は定かではないが、前モデルとなる「Nexus 4」はLG製であり、Nexus 5もLG製となる可能性は大いにあるだろう。また、リーク画像を見る限り、上下に丸みを帯びた薄さを感じさせるボディや青色のLEDランプ、かなり狭いベゼルなど、デザインも洗練されていて、もしも本当にリリースされれば、注目の端末となりそうだ。

2013年3月16日土曜日

Android 4.2搭載端末は国内キャリアからは発売されない? - 非iPhoneユーザーは再び不遇の時代を過ごすのか




サムスンがAndroidスマートフォンの次期フラグシップモデル「Galaxy S 4」を発表した。Android陣営で他メーカーを圧倒し、スマートフォンの販売台数でもiPhoneを擁するAppleと肩を並べるサムスンの新機種とあって、日本国内でも多くの注目を集めている。

5インチのフルHD有機ELディスプレイや13メガピクセルカメラ、8コアCPUなど、スペック面でも最先端を行くGalaxy S 4だが、OSも最新のAndroid 4.2を搭載している。本稿では、この「Android 4.2」問題について取り上げる。

現在、国内で販売されているAndroid 4.2搭載端末は、主要なところではGoogle直販モデルである「Nexus 7」「Nexus 10」に限られている。各携帯キャリアから今後、発売される春モデルのAndroidスマートフォンでも、OSはAndroid 4.1だ。

メーカーやキャリアが独自に施しているカスタマイズにより、最新OSの発表から実際の機種に反映されるまで時間がかかるのは、Androidの特徴としてよく知られるところだ。そのため、現在販売されていたり、今後発売される機種も今のところはAndroid 4.1だが、いずれバージョンアップにより、Android 4.2が搭載されるかもしれない。

しかし、ここで気になる情報がある。

グーグル、Android OS断片化の拡大防止のため、SDKに新たな利用条件を設定 | Googleウォッチ | トピックス | Computerworld - エンタープライズITの総合ニュースサイトより引用:

米国Googleは11月13日、Android 4.2(開発コード名Jelly Bean)および開発者向けのAndroid 4.2 SDK(ソフトウェア開発キット)をリリースしたが、それに伴いSDKの使用許諾の内容を拡大し、Android OSの断片化につながるような行為を禁止する事項を盛り込んだ。

詳細は明らかになっていないが、この規約の変更点である「Android OSの断片化につながるような行為を禁止」を、メーカーやキャリアによるカスタマイズの禁止だと見る向きがある。とりわけ、日本仕様として、おサイフケータイや赤外線通信に対応するなど、多くのカスタマイズを施している国内キャリアのAndroidスマートフォンは「断片化」に大いに寄与していると言えるだろう。

そのため、キャリアやメーカーがカスタマイズ禁止を嫌がるとすれば、OSのバージョンはAndroid 4.1のままバージョンアップは行わず、今後発売する機種もOSはAndroid 4.1を維持するという選択肢も浮上してくる。

それと符合するかのように出てきているのが「第3のOS」の動きだ。NTTドコモはサムスンやインテルが主導する「Tizen」陣営に参画し、KDDIはMozilla Foundationの「Firefox OS」陣営に参画することが報じられた。これが、Android以外の選択肢を増やしただけなのか、もはやAndroidを見捨て、次へ行こうとしているのかは、今後の動向に注目しておきたいところだ。

Android搭載端末が登場したのは2008年、国内で発売されたのは2009年のことになる。今でこそ、対応アプリ数でもiPhoneと肩を並べるところまで来たが、当時はアプリの数や質の面で、かなりiPhoneに遅れをとっていた。また、操作性においても、Android 2.3はそれなりに使えるOSだったが、個人的な実感として操作性がiOSにしっかり追いついたと言えるのは、2011年のAndroid 4.0以降ではないかと思う。さらに、国内でAndroid 4.0搭載端末が普及したのは2012年以降となり、アプリや操作性を含め、Androidユーザーは実に約4年間、不遇の時代を過ごしていたと言える。

もしも、国内キャリアがAndroidを見捨て、TizenないしFirefox OSに移行するつもりなのであれば、アプリの充実などエコシステムが完成し、OSとして使い物になるまでは、同様の歳月が必要とされるだろう。そして、ユーザーは再び不遇の時代を強いられることになる。もっとも、iPhoneの成長も頭打ち感があり、4年以上の差が開くことはなく、Androidの経験を生かして歳月を短縮させることは可能かもしれない。

今回、Android 4.2における規約変更によって、このような事態が生じているが、プラットフォームに乗っかるということは、アプリなどのエコシステムのメリットを享受できると同時にリスクも伴う。第3のOSはよりオープンなプラットフォームと言われるが、そもそもAndroidもオープンという触れ込みで各キャリアやメーカーが乗り込んだのではなかったか。プラットフォーマー、キャリア、メーカーそれぞれの思惑が、ユーザーのデメリットとならないことを願いたい。

2013年3月14日木曜日

その名も「方丈記」? Dropbox・Evernoteの更新をタイムラインでチェック!

スクリーンショット 2013 03 14 4 27 08
hojoki」は、複数のクラウドサービスをチームで使用する際に役立つ管理ツール。

DropboxやEvernote、Google Driveなどのオンラインストレージに加え、GoogleリーダーやPocket(旧Read It Later)、Googleカレンダー、Twitterなどもサポート。

ファイルの更新履歴や新たにアップロードされたファイルなどを、タイムラインで一覧できるというもので、とりわけチームでの利用に適しているのが特徴だ。



気になるのは、「hojoki」という名前の由来だが、これは鴨長明の随筆『方丈記』にちなんでいるという。
Hojoki (Japanese book, 1212):
Revolutionized how people thought about the flow of life.
Hojoki (Cloud app, 2013):
Revolutionizes how people think about the flow of work.
http://hojoki.com/hojoki-huwhat/

「方丈記」(日本の書物、1212年)
人生の流れについて、人々がどのように考えるか革命をもたらした。
「hojoki」(クラウドアプリ、2013年)
仕事のフロー(流れ)について、人々がどのように考えるか革命をもたらす。

なお、hojokiは、Webアプリ版、iOS版、Android版が提供されている。

Dropboxなどの共有フォルダを使って、複数人で作業する機会が多い人はチェックしてみてはいかがだろうか。