2012年10月25日木曜日

「LINE」「カカオトーク」に自分の電話番号を使わずに登録する方法

Only three contacts with Viber
Only three contacts with Viber / Kei!



無料で通話やチャットができるアプリとして、スマートフォンでは定番となっている「LINE」、そして、その対抗馬である「カカオトーク」。携帯メールに代わるコミュニケーション手段にもなりつつある2つのサービスですが、利用にあたって心配なこともあります。


それは、これらのサービスが自分の電話番号を登録したうえで、スマートフォンのアドレス帳をサーバーに送信し、「友達」の情報を照会することです。これは、「Viber」や「Tango」といった海外で人気のサービスでも同様です。


「Skype」などと異なり、IDを教え合う必要がない点が便利ですが、親交の途絶えた知人が「友達リスト」に表示されて、ビックリしたという人も多いのではないでしょうか。


自分の「友達リスト」に知人の名前が出てくるということは、相手のリストにも自分の名前が表示されていると考えてよいでしょう。そのため、縁を切ったはずの知人から急に連絡があったり、あまり仲良くしたくない上司や同僚から「LINE、始めたんだ?」なんて言われてしまうことも……。


「それは困る……」「いま付き合いのある友達とだけ、コミュニケーションしたい!」という人のために、自分の電話番号を使わずに、「LINE」や「カカオトーク」などを使える方法を紹介しましょう。


そもそも、「LINE」や「カカオトーク」などは、アプリのインストール後に自分の電話番号を入力すると、SMSで認証番号が送信されてきて、それを入力すると登録完了するという形式をとっています。


そのため、iPod touchやiPad、AndroidタブレットやWi-Fi運用しているAndroidスマートフォン、データ専用SIMを使っている場合なども、SMSを受信する電話番号がなく、「LINE」などを利用することができません。


ですが、これから紹介する方法を使えば、これらの端末でも「LINE」などを利用できるようになります。もちろん、プライバシー面が心配という人も必見です。


今回使うのは、PingerのTextfreeというWebサービス。SMS番号を使って、ほかのユーザーとショートメッセージのやりとりができるサービスとなっていて、アメリカのSMS番号を無料で取得できるのが特長。


このSMS番号を使って「LINE」や「カカオトーク」に登録すれば、自分の電話番号を登録せずに利用を開始できるという仕組みです。


それでは早速 http://www.pinger.com/tfw/ にアクセスしてみましょう。まず、「Sign up FREE」をクリックし、登録画面に移ります。


WS000016


「Username」に入力した情報は後でメールアドレスとしても使用できるので、使いやすいようなものを設定。パスワードとメールアドレスを入力し、画像認証を行ったら次の画面へ。


WS000017


「zip code」にはアメリカの郵便番号を入力しましょう。たとえば90210がビバリーヒルズ、07620がニュージャージー州の郵便番号となります。性別と年齢を登録したら完了。取得できるSMS番号の一覧が表示されます。


WS000018


どれでも好きなものを選択でき、選んだものが自分のSMS番号とります。設定画面であとから確認することも可能ですが、メモをしておくと便利です。


WS000021


自分のSMS番号にショートメッセージが届くと、枠でくくられた中央部に表示されます。もちろん、Textfree同士で友達とチャットすることも可能。


それでは、実際に取得したSMS番号を使って「カカオトーク」に登録をしてみましょう。 


2012-10-21 16.34.44


まず国名を日本からアメリカ合衆国に変更し、先程取得したSMS番号を入力。「次へ」をタップすると、自動的にショートメッセージが送られます。Textfreeのページを開くと、メッセージが届いています。


WS000020


この四桁の番号を「カカオトーク」のフォームに入力し、名前を入力したら登録完了!


しかし、問題点が一つ。登録国をアメリカ合衆国にしているので、アドレス帳に登録されている友達の電話番号を国際番号仕様に調整する必要があります。たとえば、友達の番号が 090-1234-5678 の場合、まず日本の国番号である「+81」を追加し、最初の「0」を取ります。つまり+81-90-1234-5678 とアドレス帳に登録しておきます。


現状の番号欄を変更してしまうと、アドレス帳から電話をかける際に不便なので、「電話番号2」として項目を増やして登録すると便利です。


IDを作成し、それを教え合ってもLINE上などで友達になれるので、今後、知り合った人とはIDを交換すればOK。また、QRコードの読み込みや、端末を同時に振るといったIDの交換方法も用意されているので、友達に取得したSMS番号を教え、アドレス帳に登録してもらうといった手間は必要ありません。


プライバシー面でも安心で、SMSが使えない端末でも活用できる今回の方法で、気軽に「LINE」や「カカオトーク」を始めてみてはいかがでしょうか。



※(2012年3月13日追記)
一部のメッセージサービスでは、textfreeのSMS番号では認証用のショートメッセージを受信できないことを確認しました。メッセージサービス側でtextfreeを排除している可能性が考えられます。

5 件のコメント:

  1. はじめまして。
    こちらのサイトを参考にさせていただき、
    ドコモのスマホでtextfreeに登録して、カカオトークの電話認証を試みましたが、sms送信のところでネットワークエラーになってしまいます。
    何か問題があるのでしょうか??

    返信削除
  2. てかこれ、アメリカの住所持ってないとダメですかね。?

    返信削除
  3. 報告:

    LINEで認証できません。

    以上

    返信削除
  4. TextfreeでLINEで認証できました。SMSもきました。

    Textfreeでカカオトーク登録出来ませんでした。SMSがこない 5回以上SMS要求してもSMSこない

    返信削除