2012年9月20日木曜日

iOS 6でGoogleマップを“復活”させる方法



 iPhone 5の発売に先駆けてリリースされた「iOS 6」。
さっそくアップデートした人も多いかもしれませんが、話題となっているのが標準マップの変更です。


従来のGoogleマップを用いたものから、Apple純正の地図に変更されたとのことですが……評判が芳しくありません。


「元のマップに戻したい!」と思っても、OSを戻すのは無理な話。


YouTubeアプリと同様に、GoogleがマップアプリをApp Storeから提供するという噂もありますが、現在のところはリリースされていません。


そこで、うっかりiOS 6にアップデートしてしまった場合に、暫定的な方法として、Googleマップを“復活”させる方法を紹介しましょう。
GoogleマップをiOS 6で“復活”させるというのは、簡単に言えば、SafariでWeb版のGoogleマップを利用するということです。


まず、SafariでGoogleマップにアクセス。ここで、位置情報の許可のポップアップが表示されるので、「OK」をタップ。




もしも、ポップアップが表示されず「現在地を利用できません」と表示された場合には、位置情報の設定でSafariでの位置情報の利用が許可されていない可能性があります。

その場合は、「設定」アプリの位置情報の項目で「Safari」の箇所を「オン」にしましょう。




現在地を表示できたら、画面下部の「+」ボタンから「ホーム画面に追加」を選択して、ブックマークアイコンをホーム画面に配置します。


すると、このような(上段右側)アイコンが配置され、次回からはこのアイコンをタップすれば、SafariでGoogleマップが表示される仕組みです。





地図検索や経路検索もできます。





Apple純正マップの改善に期待したいところですが、“スカスカ”の地図にお困りの方は、ぜひ活用してみてください。