2010年11月2日火曜日

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (8)Ubuntu Oneを使ってみる(その1)

Ubuntuが独自に提供しているオンラインストレージサービスの「Ubuntu One」。無料で2GBの容量を使うことができ、Ubuntu以外のOSでもWebブラウザからUbuntuのファイルにアクセスできるようになります。また、iPhoneアプリも提供されていて、Ubuntu Oneのフォルダ内にある音楽ファイルをiPhoneでストリーミング再生することが可能。

Ubuntu One



今回は、Ubuntu Oneのセットアップを行ってみようと思います。




ステータスバーのユーザー名をクリックして[Ubuntu One]をクリックします。

Ubuntu0801



まずは、Ubuntu Oneにサインアップしましょう。パスワードは、大文字と数字を含んている必要があります。

Ubuntu0802



入力したメールアドレスに認証コードが送られてくるので、ダイアログに入力して[OK]をクリック。

Ubuntu0803



次に、Ubuntuのルートユーザーのパスワードを入力します。

Ubuntu0804



「完了しました」と表示されたらダイアログを閉じます。

Ubuntu0805



Ubuntu Oneの設定ダイアログで[デバイス]タブを選択して[接続]をクリックします。

Ubuntu0806



「同期が完了しました」と表示されたらダイアログを閉じましょう。

Ubuntu0807



Ubuntuの[場所]メニューから[ホームフォルダ]を開くと、「Ubuntu One」というフォルダがあります。

Ubuntu0808



このフォルダにファイルを保存すればオンラインにアップロードされ、ブラウザで

https://one.ubuntu.com/

にアクセスしてログインすれば、ファイルのダウンロードが可能になります。

Ubuntu0809

(その2へ続く)



(関連記事)
VirtualBoxでUbuntu 10.10・まとめ(随時更新)

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (1)インストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (2)解像度の変更
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (3)Google Chromiumを簡単インストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (4)Google日本語入力を導入
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (5)やっぱり訂正、Google Chrome正式版をインストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (6)Flashプラグインをインストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (7)Dropboxをインストール

0 件のコメント:

コメントを投稿