2010年11月30日火曜日

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (14)VirtualBoxの共有フォルダを作成

仮想マシン・ソフトウェアの「VirtualBox」。VirtualBoxのホストOSとゲストOSの間で、ファイルを共有できたら便利です。それを可能にするのが、VirtualBoxの「共有フォルダ」。

Screen Sharing UbuntuScreen Sharing Ubuntu / Thiemo Gillissen




今回は、共有フォルダの作成と使用について紹介します。なお、使用している環境は、ホストが「Windows 7」、ゲストが「Ubuntu 10.10」です。




まず、ホストのWindows側で共有するフォルダを作成しましょう。ここでは「マイドキュメント」に「vbshare」という名前のフォルダを作成しました。あとで確認するために、適当なファイルを入れておきます。

Ubuntu1301



次に、ゲストのUbuntuでもフォルダを作成しましょう。「/home/suzuki」に「share」というフォルダを作成しました。コマンド操作がわからなくても、右クリックからフォルダを作成できます。

Ubuntu1302



続いて、VirtualBoxのメニューで、[デバイス]から[共有フォルダ]を選択します。

Ubuntu1303



表示されるダイアログで、右上の[+]をクリック。

Ubuntu1304



さらに次のダイアログで、先ほどWindowsで作成したフォルダを選択します。「フォルダ名」は自動的に入力されるので、そのままでOKです。あと、「永続化する」にチェックを入れたら、[OK]をクリック。そして、元のダイアログに戻って[OK]をクリックします。

Ubuntu1305



次に、ターミナルを起動したら
$ sudo gedit /etc/rc.local
と入力します。

パスワードの入力を求められるので入力。すると、テキストエディタで「rc.local」というファイルが開きます。


適当に改行を行い、「exit 0」より前の行に
mount -t vboxsf vbshare /home/suzuki/share
と追記して、変更を保存します。

Ubuntu1306



以上の操作が終わったら、VirtualBoxのUbuntuを再起動しましょう。Ubuntu側で作った共有フォルダを開くと、Windows側の共有フォルダに入れておいたファイルがあるはずです。

Ubuntu1307



※今回、少しハマったのがVirtualBoxの「Guest Additions」のインストール。Ubuntuのアップデートを行い、カーネルを更新した場合には、再度Guest Additionsをインストールする必要があるとのこと。Guest Additionsのインストールについては、こちらをご参考に。


(関連記事)
VirtualBoxでUbuntu 10.10・まとめ(随時更新)

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (11)UbuntuにiPhoneを接続する
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (12)UbuntuでWindowsアプリケーションを使う
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (13)rootパスワードの設定

0 件のコメント:

コメントを投稿