2010年11月5日金曜日

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (11)UbuntuにiPhoneを接続する

Ubuntu 10.10では、iPhoneを接続すれば自動で認識するようになっています。iPhoneにインポートしている楽曲ファイルをPCで再生したり、操作することが可能です。

GRF-CLARIFI-IP Griffin Technology Clarifi for iPhone 3G Black ケース メーカー型番 GB01171



今回は、VirtualBoxのUbuntuにiPhoneを接続してみます。




VirtualBoxのUbuntuにiPhoneを接続する場合、まず[デバイス]メニューから[USBデバイス]の[Apple Inc.iPhone]を選択して、iPhoneをマウントします。

Ubuntu1101



すると、2つのダイアログが表示されます。ここでは、下のダイアログはキャンセルし、上のダイアログで[OK]をクリックしましょう。

Ubuntu1102



すると、「Rhythmboxミュージック・プレーヤー」が起動します。iPhoneにインポートされている楽曲が表示されます。

Ubuntu1103



ただし、iTunesのデフォルトのファイル形式であるAACは、Ubuntuにおいてはそのままでは再生できません。AACファイルを再生しようとすると、下のようなダイアログが表示されます。

Ubuntu1104



検索を行うと、以下のダイアログが表示されるので、[インストール]をクリックします。

Ubuntu1105



ルートパスワードの入力を求められるので、認証を行ないましょう。これでインストールが行われ、AACファイルも再生できるようになります。

Ubuntu1106



なお、iPhoneの楽曲をUbuntuにコピーする場合は、Rhythmboxのウィンドウからドラッグ&ドロップすればOKです。



(関連記事)
VirtualBoxでUbuntu 10.10・まとめ(随時更新)

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (1)インストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (2)解像度の変更
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (3)Google Chromiumを簡単インストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (4)Google日本語入力を導入
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (5)やっぱり訂正、Google Chrome正式版をインストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (6)Flashプラグインをインストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (7)Dropboxをインストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (8)Ubuntu Oneを使ってみる(その1)
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (9)Ubuntu Oneを使ってみる(その2)
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (10)Ubuntuでインスタントメッセージ

0 件のコメント:

コメントを投稿