2010年10月27日水曜日

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (1)インストール

Linuxと言えば、Windowsへのアンチテーゼから一度手を出してみるけれど、結局使いにくくてWindowsに戻る、でお馴染みのOSです。「そういえば、昔ちょっとハマった時期があったなぁ」という人も多いかもしれません。



そんなLinuxですが、一部の人が目を離しているすきに、実はとんでもなく進化を遂げているらしいのです。そんなLinuxの最近の代表格は「Ubuntu」。そこで、本記事では仮想化ソフトウェアの「VirtualBox」でUbuntuを使ってみようと思います。


Photo by king_david_uk




ちょっと話が逸れますが、ここ1、2年のiPhone人気には目を見張るものがありますね。iPhoneきっかけでMacユーザーになった人も多いのではないかと思います。ですが、この記事

「えがちぷ日記」
FreeBSD,Leopard,Ubuntu,Fedoraのgoogle trendでの比較
google trendでの比較結果

によれば、Mac OS XのLeopardよりもUbuntuのほうがWebにおける情報量が多いようです。つまり、情報量においては、Windowsに次ぐ第2のOSと言っても良いのかもしれません。(ですが、Macユーザーがはたして「Leopard」で検索するか、という見方もあります)。

というわけで、Ubuntuのインストール手順ですが、まずは「VirtualBox」の入手から。

http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

ファイルをダウンロードして、VirtualBoxのインストールを行います。



次に、「Ubuntu 10.10」のイメージファイルをダウンロードしましょう。

http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1010-desktop-ja-remix



インストールとダウンロードが終わったら、VirtualBoxを起動します。次に、左上の「新規」から新規仮想マシンを作成します。適当な名前入力して、OSタイプで「Linux」の「Ubuntu」を選んだら、あとは指示に従って進めていけば問題ないでしょう。

Ubuntu001



仮想マシンの作成が終わったら、さっそく「起動」をクリックして仮想マシンを起動します。最初にインストールメディアの選択画面が表示されるので、右にあるフォルダのアイコンをクリックして、ダウンロードしたUbuntuのisoイメージを選択します。この方法で進めていけば、isoイメージをCDに焼く必要はありません。

Ubuntu002



すると、Ubuntuが起動します。「Ubuntuをインストール」をクリックして、インストールを進めていけば、仮想マシンへのUbuntuのインストールは完了します。

Ubuntu003


次回からは、さっそくUbuntuを使っていきたいと思います。

(関連記事)
VirtualBoxでUbuntu 10.10・まとめ(随時更新)

VirtualBoxでUbuntu 10.10 (1)インストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (2)解像度の変更
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (3)Google Chromiumを簡単インストール
VirtualBoxでUbuntu 10.10 (4)Google日本語入力を導入

0 件のコメント:

コメントを投稿