2009年11月29日日曜日

Chromeでブックマーク同期サービス「Xmarks」を使う

Webブラウザのブックマークをオンラインで同期するツール「Xmarks」。複数台のPCを利用していて、ブックマークを同期したい時にオススメのツールである。すでにFirefoxやInternet Explorerのアドオンを利用している人も多いかもしれない。

「Xmarks」には、β版ながらChromeの拡張機能も用意されている。Chromeをメインのブラウザとして使用している人や、他のブラウザと併用しながらもChromeがメインに移行しつつある、というような人は、Chrome版「Xmarks」の導入を検討してみてはいかがだろうか。

000

なお、拡張機能を導入するためには、Chromeのdev版をインストールする必要がある。Chromeのdev版は、Chromium ProjectsのWebページにおいて、「Dev Channel」のリンクをクリックしてダウンロードする。

001

dev版をインストールしたら、Chromeを起動して「Xmarks」のβサイトにアクセスし、ログインする。次に、β版のテスターとして登録する画面になるので[SIGN UP!]ボタンをクリックして、登録を行おう。

002

続いて表示されるページで一番下にある「Xmarks for Chrome Alpha」において、[SIGN UP!]ボタンをクリック。

003

すると、次のページでは「Xmarks for Chrome Alpha」の下に[GET STARTED]ボタンが表示されているのでクリックする。これで、Chrome版「Xmarks」のダウンロードページにたどり着くことができる。

004

Chrome版「Xmarks」をインストールすれば、ブックマークツールバーを含むすべてのブックマークの同期が可能となる。なお、FirefoxなどのChrome以外のブラウザと「Xmarks」を同期する際の注意点は、Chromeでブックマークを変更して同期された場合、ブックマークツールバー以外のブックマークがFirefoxでも「その他のブックマーク」というフォルダに入ってしまうことだ。

005

これを防ぐためには、Chromeではブックマークを変更しないように気をつけるしかなさそうだ。万が一、Firefoxのブックマークが「その他のブックマーク」に入ってしまった場合は、「Xmarks」の復元機能を使って元に戻すのが良いだろう。

・Xmarks
http://www.xmarks.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿