2009年9月6日日曜日

夏フェスで見つけたインタラクティブムービー

先週末、中伊豆の萬城の滝キャンプ場で開かれたFitnessというフェスに行ってきた。



そこでVJの一人がちょっと面白いビデオインスタレーションをやっていたので紹介したい。さっそく実際の動画を見てみよう。




何がどうなっているかというと、まず、白い布を吊ってスクリーンを作り、その下にムービーカメラを設置しておく。次に、ムービーカメラで撮影された映像をPCに取り込む。その映像に別のプログラムを被せて裏側からスクリーンに投影する。すると、その前に来た人は、自分であって自分でない、妙な生き物をスクリーン上に見ることができるのだ。特に面白かったのは、ごく短い時間の動作を連続で高速再生する仕掛けで、たとえば人にパンチをすると、それがあたかも「北斗の拳」の北斗百烈拳のように見える。



このプログラムには10種類ほどパターンがあり、雪のような物体が肌色に触れて弾けるもの、人の体だけをイリュージョンのように見せてしまうものなど、様々。いい年した大人も子供のように喜んで遊んでいたのが印象的で、野外フェスにはうってつけの仕掛けだと感じた。このVJさんは、mixiアプリも作っているので、興味のある方は下のリンクからどうぞ。


・yourmusic+(サウンドビジュアライザーのmixiアプリ)
http://mixi.jp/view_appli.pl?id=6005(mixi)
http://www.yourmusicplus.net/index.php(Web)

・80ur0b0r0s(VJさんのmyspaceページ)
http://www.myspace.com/80ur0b0r0s

「NAVERフォトエディター」入門:(3)基本操作と保存

03010_copy

今回は、「NAVERフォトエディター」の基本的な操作方法と画像編集した後のファイルの保存について見ていこう。まず、アップロードした写真を大きめのサイズで見たい場合や、原本のサイズを確認したい場合は、左下の[100%]ボタンをクリックする。すると写真が等倍のピクセルで表示され、原本のサイズが画面をはみ出した場合は、画面左下の「画面情報」で現在写真のどの部分を表示しているかがわかる。写真にマウスカーソルを合わせると、手のひらのマークに変化し表示する部分を変えられる。

[自動調整]ボタンをクリックすれば、表示サイズが変化し、ちょうど良いサイズで写真が表示される。
また、ボタンの左にあるバーを動かして、表示サイズを小さくしたり、100%よりも大きいサイズで写真を確認することも可能だ。マウスホイールで表示の拡大/縮小もできる。

0302_copy

アップロードした写真の切り替えは、画面の下側にある5枚のパネルで行う。パネルのサムネイルをクリックすれば、その写真が表示され、編集できる。もしも、アップロードしたものの編集する必要がない時などは、サムネイルの右上にある[×]ボタンをクリックして、パネルから削除すれば良い。

0303

画像編集を行った後で写真を保存するには、右下の[保存]ボタンをクリックする。

0304_copy

ファイル名やファイル形式を設定するダイアログが表示される。保存できるファイル形式は3種類。JPEGの場合は画質を設定することが可能。また、PNGのほか「NEVERフォトエディター」専用の形式である「NPE」でも保存できる。NPEの場合は、レイヤー構造がそのまま保存される。なお、ファイル名はデフォルトで「"元のファイル名"_copy.jpg」などとなるため、誤って上書き保存してしまうこともないだろう。

0305_copy

・NAVERフォトエディター
http://photoeditor.naver.jp/

2009年9月5日土曜日

「NAVERフォトエディター」入門:(2)写真の切り抜き

0204_copy

「NAVERフォトエディター」で、写真を切り抜いてサイズの調整を行ってみよう。まず、画面右下の[参照]ボタンから画像のアップロードを行った際に、大きめの写真だと自動的にサイズの調整が行われ、縦横の長いほうを2000ピクセルとして縮小される。プリントを目的にしているならまだしも、ブログなどに写真を載せたい場合なら、2000ピクセルあれば十分だし、むしろ切り抜きや縮小が必要なところだろう。

0201_copy

画面上部にあるツールバーで[切り取り]をクリックすると、写真の上にオプションバーが表示される。縦横の比率を保ったまま切り抜きたい場合は、「比率維持」にチェックを入れる。自由なサイズに切りたい場合はチェックを外そう。

0202_copy

あとは写真の上でドラッグして切り抜く範囲を指定する。ここで気をつけたいのは、比率を維持して切り抜く際に、選択範囲が写真を超えてしまうことだ。写真を超えて切り抜くと、写真の周りに余白ができてしまう。そのため、たとえば右下隅の部分を切り抜く場合は、左上からではなく、右下から範囲の指定を行ったほうが良い。

マウスから指を離すと選んだ部分だけが明るく表示され、周囲は暗くなる。この選択範囲はマウスでドラッグして移動させることが可能。また、選択範囲からマウスを離すと回転した矢印が表示され、この時にドラッグすれば選択範囲を回転できる。

0203_copy

オプションバーの[適用]ボタンをクリックすれば、選択範囲が確定し、切り抜きが行われる。切り抜きに失敗しても心配することはない。画面下にある[初期化]および[元に戻る]ボタンで元に戻すことができる。もっとも、同じファイル名で上書き保存しない限り、PCに保存している写真には何ら影響はない。

0205_copy

・NAVERフォトエディター
http://photoeditor.naver.jp/

2009年9月4日金曜日

SocialWeb2.0Party Vol.2に行ってきた

写真 4_copy_copy

ネットサービスを日頃から楽しんでいる人たちが集まってゆるく交流するイベント「SocialWeb2.0Party (そーしゃるうぇぶつーぽんとおーぱーてぃー) Vol.2」が9月3日、赤坂見附のワイン居酒屋「あじる亭」で行われた。

ワインやビール、料理を立飲食しながらサービス提供者やメディア運営者のプレゼンを傾聴するという方式で、当日の会場は身動きが取れないほどの大盛況。プレゼンの詳しい内容はTwitterのハッシュタグ 「#swp」等に譲るとして、プレゼントなどで入手したアイテムでイベントを振り返ってみる。

検索サービスの「JWord」は、新しい検索ツール「ゴルゴサーチ」についてプレゼン。参加者には帰り際に、ステッカーと携帯ストラップがプレゼントされた。

写真_copy

TwitterやTumblrなどのWebサイトでの活用状況をプレゼンしたのは、「Movale Type」を販売している「シックス・アパート」。希望者は「シックス・アパート飴」とステッカーを貰うことができた。

写真 2_copy

このイベントで大活躍したのが話題のデジタル名刺ガジェットの「Poken」。会場でも割引販売が行われていて、その場で購入して即使用する人も多く見受けられた。

写真 3_copy

さらに、Pokenの応援ソング「恋するPoken」も初披露された。熱唱したのはPokenガールの潤海ナナちゃん。イベントのエンディングでも再び披露され、おおむね好評を博した模様。

写真5_copy
(会場の熱気により、ややピンボケしています)

そのほかにも、自分史創造コミュニティー「Histy」や高速道路ルート・料金検索の「高速.jp」、タクシー相乗りサイト「タクトモ.com」などのプレゼンが行われた。

・SocialWeb2.0Party実行委員会
http://socialwebparty.blog54.fc2.com/

2009年9月3日木曜日

「NAVERフォトエディター」入門:(1)概説とアップロード

001_copy

デジカメや携帯電話のカメラで撮った写真をブログなどに投稿する際に、ちょっとした加工が必要になることもあるだろう。そこで画像編集ソフトの出番となるが、使っているPCに画像編集ソフトをインストールしていない場合もある。

そういった時に試してみてほしいのが、8月27日にリリースされたオンライン画像編集ソフトの「NAVERフォトエディター」だ。これまでも、オンラインの画像編集ソフトは幾つもあったが、画像のアップロードに時間がかかったり、メニューが英語だったりと一長一短だった。しかし、「NAVERフォトエディター」は、今までのオンライン画像編集ソフトにはなかった多くの特長を持ち、デスクトップアプリケーション並みの機能と操作性を備えている。

まず、「NAVERフォトエディター」の特長をざっと挙げてみよう。

・ブラウザで起動する

・無料で利用できる

・メニューが日本語

・ユーザー登録やログインが不要

・画像の複数アップロードが可能(5枚まで)

・Flashベースなので、起動もアップロードも早い

・レイヤー機能もある

・テキスト入力する場合のフォントはローカルに保存してあるもの

といったところである。

さっそく、「NAVERフォトエディター」を起動してみよう。なお、「NAVERフォトエディター」の起動には、「Adobe Flash Player 10」以上が必要。

002

写真をアップロードするには、右下の[参照]ボタンをクリックする。次に表示されるダイアログでは、複数の画像ファイルを一度に選択して、アップロードできる。

003

アップロードは実に軽快。続いての画像編集の操作にワクワクしてくる人も多いかもしれない。

004

・NAVERフォトエディター
http://photoeditor.naver.jp/

2009年9月1日火曜日

最新型USBメモリから始める低予算のウイルス対策


Photo by *USB*

近年、猛威をふるっているコンピューターウイルスには、「オートラン」や「ダウンアド」などが挙げられる。これらのウイルスの特徴は、USBメモリのようなリムーバブルディスク経由で蔓延するケースが多いことである。

このようなウイルスに対抗するには、旧来のパターンマッチングだけではない新たなセキュリティソフトの導入が有効である。だが、初期費用や保守にかかるコストを考えると、誰もが簡単に採用できる方法とは言えない。そこでまずはUSBメモリの見直しから始めてはどうだろうか。

イーディーコントライブが開発した「SDシリーズ」のUSBメモリは、接続したPCのウイルス対策状況を確認するだけでなく、USBメモリ内にコピーされたウイルス感染ファイルを検出できる。万が一、不正プログラムの実行を促す「Autorun.inf」ファイルが検出された場合には、他のPCへの拡散を防ぐためにUSBメモリ内で強制削除する機能まで備わっている。また、使用を許可するPCを制限したり、使用期限を設定することも可能だ。

大塚商会では、このイーディーコントライブ製「SDシリーズ」のUSBメモリ購入に際して、現在使っているUSBメモリをどれでも1本1,000円で下取りするキャンペーンを9月30日まで行っている。まとめて買い替るにはまたとないチャンスである。

・大塚商会「USBメモリ何でも下取りキャンペーン」
http://campaign.otsuka-shokai.co.jp/usb1000/

WPOST月間アクセスランキング(2009年8月)


Photo by bbjee


台風とともに8月が去って行きました。冷夏だと言われた今年の夏、
「WPOST」で注目を集めた記事は一体何だったのでしょうか?
8月のアクセスランキングを速報でお届けします。


1. iPhoneのメモリ不足を無料で簡単に解消-iPhoneアプリ「Memory Sweep」
http://www.wpost.jp/2009/07/iphoneiphonememory-sweep.html

2. 複数のタブを一気に閉じるFirefoxアドオン「removetabs」
http://www.wpost.jp/2009/07/firefoxremovetabs.html

3. ケータイ電話帳のバックアップデータをiPhoneに振り仮名付きで同期させるには?
http://www.wpost.jp/2009/07/iphone.html

4. Gmailの余った領域をオンラインストレージとして活用:Firefoxアドオン「Gmail Space」
http://www.wpost.jp/2009/07/gmailfirefoxgmail-space.html

5. WISH2009に行ってきた Vol.3 【こくばん.in】
http://www.wpost.jp/2009/08/wish2009-vol3in.html

6. 実はまだ使える! GoogleのWebスクラップ用Firefoxアドオン「Googleノートブック」
http://www.wpost.jp/2009/07/googlewebfirefox-google.html

7. WISH2009に行ってきた Vol.2 【Joker Racer】
http://www.wpost.jp/2009/08/wish2009-vol2-joker-racer.html

8. 描画エンジンをIEに切り替えるFirefoxアドオン「IE Tab」
http://www.wpost.jp/2009/07/ieie-tab.html

9. WISH2009に行ってきた Vol.1 【lang-8】
http://www.wpost.jp/2009/08/wish2009-vol1.html

10. Skypeでデスクトップの共有が可能になった-「Skype 4.1 for Windows」
http://www.wpost.jp/2009/07/skype-skype-41-for-windows.html

10. 1000種類のカクテルレシピを手のひらに:Androidアプリ「10001 Cocktails」
http://www.wpost.jp/2009/08/1000android10001-cocktails.html

(集計:2009年8月1日~31日)


コンスタントにアクセスを集めたiPhoneアプリ「Memory Sweep」のレビューが堂々の1位を獲得。Firefoxアドオンの各レビューは、安定的な人気です。さらに、8月21日に行われたイベント「WISH2009」の記事は3つともベスト10入りを果たしました。イベントの注目度の高さが伺えます。

今月も様々な記事をpostしていきますので、ぜひ「WPOST」をこまめにチェックしてください。