2009年8月13日木曜日

アプリ知ったかぶり:ウィンドウを閉じる「Ctrl+W」

アプリケーションのウィンドウを閉じるとき、あるいはアプリケーションを終了するとき、みなさんはどんな手順でウィンドウを閉じていますか?

私は基本的に「Ctrl+W」というショートカットキーで閉じています。Windowsの基本操作とまではいかないのですが、昔の有力アプリがわりと対応していたことから、気の利いたアプリでは「Ctrl+W」で閉じる機能がだいたいついています。

この機能、現在アクティブになっているカレントのウィンドウが閉じるので、実はかなり使いやすいのです。仕事をしていると、どんどん別のウィンドウが開いていくことが多々ありますが、開いて開いて開いて、閉じて閉じて閉じてという具合に元に戻りやすいのです。

手元にあるアプリケーションで対応しているものは・・・、

・フォルダ (エクスプローラ)
・Chrome
・EmEditor
・Firefox
・Internet Explorer
・iTunes
・Opera (最後のウィンドウは残ります)
・Photoshop/Illustrator (最後のウィンドウは残ります)
・Safari
・Word/Excel/PowerPoint (最後のウィンドウは残ります)

といった状況。これはつまり、Ctrl+Wに対応していないと、私にとって長く使うアプリにならないということかもしれません。ただし、ペイントみたいに別の動きをするものもありますので、ご注意のうえお使いください。

0 件のコメント:

コメントを投稿