2009年7月28日火曜日

Skypeでデスクトップの共有が可能になった-「Skype 4.1 for Windows」

インターネット電話やチャットが無料で利用できるSkypeを利用している人も多いだろう。既に多くの機能を備えていたSkypeだが、2009年7月22日にメジャーアップデートされ、新たにデスクトップの共有が可能になった。自分のPCのデスクトップの全体または一部をビデオ通話の相手に見せることができる。デスクトップを共有する相手が最新版のSkypeである必要はなく、自分が最新版をインストールしていれば良い。

最新版のSkypeをインストールすると、チャットのメッセージ入力欄の上に「共有」ボタンが表示されている。「共有」ボタンをクリックして、表示されるメニューから「画面の共有」にカーソルを合わせると「全画面を共有」と「選択を共有」の2種類のサブメニューが表示されるので、どちらかを選択する。画面の共有後は、デスクトップの共有している範囲が赤枠で囲われていて、この範囲を適宜変更できる。

デスクトップの共有は、ビジネスでの打ち合わせなどにも役立つに違いない。遠隔地にいる相手とのコミュニケーションをより密に取ることが可能になる。この機能はMac版でも提供されており、「Skype 2.8 for Mac」で同様の画面共有を利用できる。最新バージョンにアップロードし、さっそく画面の共有を試してみてはいかがだろうか。












・Skype
http://www.skype.com/intl/ja/

0 件のコメント:

コメントを投稿