2009年12月5日土曜日

Googleトークを2つのアカウントで使う方法

Googleのインスタントメッセージ(IM)サービスである「Googleトーク」。インスタントメッセンジャーには、他にもSkypeやYahoo!メッセンジャー、Windows Liveメッセンジャーなどがあるが、Gmailを使っている人なら、Gmailに履歴が残るGoogleトークを使いたいところだろう。

しかし、Googleトークのクライアントソフトは、アカウントを一つしか使えないという弱点がある。これは、Google Appsの独自ドメインのアカウントと、Gmailの一般アカウントの両方でGoogleトークを使いたい時に不便だ。そのような場合、片方のアカウントでクライアントソフトを使い、もう片方はWebブラウザのGmailページにあるチャットウィンドウで済ませるのが手っ取り早い方法である。だが、常にGmailのページを開いておくというのも面倒だ。

000-

そこで今回は、Googleトークを2つ以上のアカウントで使うため、便利かつ簡単な方法を紹介する。まず、第一に考えられる方法は、複数アカウントを管理できるIMクライアントソフトの利用だろう。Googleトークを始めとして様々なプロトコルに対応している「Pidgin」なら、複数のGoogleアカウントを同時に使うことができる。

001

だが、「Pidgin」のWindows用アプリケーションは、他のIMクライアントと比較すると、常駐時のCPU消費量がわりと高い。そして、やはりGoogleトークは純正のクライアントソフトで利用するのが良い気もする。そこで、起動オプションによって、Googleトークのクライアントソフトを複数起動するのが最善という結論になる。

起動オプションは、コマンドプロンプトで使うという手もあるが、簡単なのはショートカットアイコンを使う方法だろう。デスクトップにGoogleトークのショートカットアイコンを作成したら、右クリックしてメニューから[プロパティ]を選択する。

002

プロパティのダイアログの[ショートカット]タブにおいて、「リンク先」に入力されているパスの一番最後に「 /nomutex」と追加して、[OK]ボタンをクリックしよう。なお、「/」の前の半角スペースを入れ忘れないようにする。

003-

ダイアログを閉じたら、ショートカットアイコンをダブルクリックする。すると、Googleトークを複数起動できる。

004

ちなみに、Googleトークでアカウントを変更するには、右上の[設定]メニューではなく、ステータスの右側にある[▼]をクリックし、ログアウトしてから、他のアカウントでログインする。

005-

・Googleトーク
http://www.google.com/talk/intl/ja/

2009年11月29日日曜日

Chromeでブックマーク同期サービス「Xmarks」を使う

Webブラウザのブックマークをオンラインで同期するツール「Xmarks」。複数台のPCを利用していて、ブックマークを同期したい時にオススメのツールである。すでにFirefoxやInternet Explorerのアドオンを利用している人も多いかもしれない。

「Xmarks」には、β版ながらChromeの拡張機能も用意されている。Chromeをメインのブラウザとして使用している人や、他のブラウザと併用しながらもChromeがメインに移行しつつある、というような人は、Chrome版「Xmarks」の導入を検討してみてはいかがだろうか。

000

なお、拡張機能を導入するためには、Chromeのdev版をインストールする必要がある。Chromeのdev版は、Chromium ProjectsのWebページにおいて、「Dev Channel」のリンクをクリックしてダウンロードする。

001

dev版をインストールしたら、Chromeを起動して「Xmarks」のβサイトにアクセスし、ログインする。次に、β版のテスターとして登録する画面になるので[SIGN UP!]ボタンをクリックして、登録を行おう。

002

続いて表示されるページで一番下にある「Xmarks for Chrome Alpha」において、[SIGN UP!]ボタンをクリック。

003

すると、次のページでは「Xmarks for Chrome Alpha」の下に[GET STARTED]ボタンが表示されているのでクリックする。これで、Chrome版「Xmarks」のダウンロードページにたどり着くことができる。

004

Chrome版「Xmarks」をインストールすれば、ブックマークツールバーを含むすべてのブックマークの同期が可能となる。なお、FirefoxなどのChrome以外のブラウザと「Xmarks」を同期する際の注意点は、Chromeでブックマークを変更して同期された場合、ブックマークツールバー以外のブックマークがFirefoxでも「その他のブックマーク」というフォルダに入ってしまうことだ。

005

これを防ぐためには、Chromeではブックマークを変更しないように気をつけるしかなさそうだ。万が一、Firefoxのブックマークが「その他のブックマーク」に入ってしまった場合は、「Xmarks」の復元機能を使って元に戻すのが良いだろう。

・Xmarks
http://www.xmarks.com/

2009年11月21日土曜日

WebページをそのままのレイアウトでPDF化-Firefoxアドオン「pdfit」

ブラウジングをしていて気になるWebページを見つけた時に、ブックマークだけでは物足りず、PDFファイルにして保存しておきたい、と思うこともあるだろう。そんな時に、仮想プリンタとしてPDFを出力するフリーソフトなども多くあるので、それらを使うというのも一つの手だ。しかし、Webブラウザで見る時のレイアウトと印刷時のレイアウトが異なることも多く、思った通りのPDFファイルを保存できずに不満を感じている人も多いかもしれない。

003

そのような問題を解決してくれるのが、Fiefoxアドオンの「pdfit」だ。「pdfit」を使えば、Webページをブラウザで見たままの状態でPDF化することが可能である。

「pdfit」をインストールしたら、[ツール]メニューから[Pdf It!]を選んで、サブメニューの[Save as PDF]を選択する。[Whole Page]をクリックすればWebページの全体、[Visible Area]をクリックすれば現在表示されている部分がPDFファイルとして出力される。

000

001

出力時のページサイズなどは、[Pdf It!]の[Options]で設定を行う。PDFファイル以外にも、PNGやJPEGとしてWebページを出力することも可能である。頻繁に使うことはあまりないかもしれないが、WebページをそのままPDF化できるアドオンとして、ぜひ覚えておきたい。

・pdfit :: Firefox Add-ons
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/7528
・GOGA - みんなの拡張機能 pdfit (id=4823)
http://minkaku.goga.co.jp/comment.php?ext_id=4823

2009年11月14日土曜日

To Me CARDでメトロポイントをゲット!するための初期設定

PASMOやSuicaを利用していて困るのは、人と一緒に電車に乗ろうとした時に、カードの残額が少ないことに気づいて「あ、すいません、チャージするんで」となることではないだろうか。これはかなり気まずい。そこで検討したいのが、オートチャージ機能のあるカードだ。

東京メトロを使っている人にお得なカードが「To Me CARD」だ。オートチャージできるのはもちろんのこと、東京メトロを使った場合、乗車するごとに「メトロポイント」を貯めることができる。このメトロポイントは、「マイル」や「楽天スーパーポイント」に移行できるほか、PASMO自体にチャージすることが可能だ。

しかし、メトロポイントを貯めるには、カードを作った後でWebなどでの申し込みが必要。今回は、わりと分かりにくいこの初期設定について紹介しよう。それでは、カードと一緒に届いた冊子を片手に、準備は良いだろうか。

000

まず、「To Me CARD」のサイトにアクセスしたら、「会員専用サイト」を開く。

001

次に、ログイン画面が表示されるが、「お客様番号」は分かるとしても、「確認番号」というのが分からず、つまづく人がいるかもしれない。「確認番号なんて設定してないし、どこに書かれているのかな?」と思ったら、冊子の1Pを読んでみよう。「確認番号」の初期設定について書かれている。

002

ようやくログインできたところで、どこで「メトロポイント」を申し込むのかが分からない。これが第2の関門だ。右上の「SF乗車ポイントサービス」をクリックしよう。すると、次のページが「メトロポイント」の申し込みページだ。あとはWebページを参考に設定を行うだけだ。

003

これで、「メトロポイント」の申し込みは完了。乗車するごとにポイントをためて、お得な気分を味わってみよう。

・東京メトロ To Me CARD
http://www.to-me-card.jp/

2009年11月7日土曜日

「あとで読む」サイトをTwitterにpost-Fefoxアドオン「TwitterBar」

ブラウジングで情報収集していると、現在取り組み中のこととは関係がないものの、個人的にはかなり興味のある情報に出会うことがある。時間があれば、作業を中断してそのままじっくりWebサイトの文章を読みたいところだが、時間がない場合は「あとで読もう」ということになる。

Webサイトを「あとで読む」場合の対処法の代表格といえば、「はてなブックマーク(はてブ)」などのソーシャルブックマークだろう。しかし、Twitterを使っている人なら、「あとで読む」もTwitterに一本化したいと思うことがあるかもしれない。

そんな人にオススメのFirefoxアドオンが「TwitterBar」だ。

000

「TwitterBar」をインストールすると、Firefoxのロケーションバーの右側にTwitterのアイコンが表示されて、現在開いているページのURLをTwitterにすぐに投稿できる。URLのほかにメモを入力することもできて、文字数もカウントされ表示される。

001

「TwitterBar」でひとまずURLを投稿しておけば、時間ができてからTwitterの自分のタイムラインを見て、サイトにアクセスすれば良い。フォローし合っている友人ともブックマークを共有できて一石二鳥だ。

さらに、先月からは「はてブ」にTwitterとの連携機能が追加されているので、Twitterに投稿しつつ、「はてブ」にブックマークすることが可能だ。「はてな」での設定をした後で、「TwitterBar」の設定ダイアログにおいて、接頭辞を「B! 」に指定、短縮URLの設定を「None」にすれば、「はてブ」用のカスタマイズは完了である。

002

・TwitterBar :: Firefox Add-ons
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/4664
・GOGA - みんなの拡張機能 TwitterBar (id=2367)
http://minkaku.goga.co.jp/comment.php?ext_id=2367

2009年10月27日火曜日

「どこかで見たことある感じ」をFirefoxで実現:Firefoxアドオン「FoxTab」

Windows Vistaに搭載されている「Windowsフリップ3D」。[Windows]+[Tab]キーを押すか、[スタート]メニューの右隣のボタンをクリックすると、開いているウィンドウが立体的に並び、順番を変えていくことで目当てのウィンドウに切り替えられる。

これが実際に便利で頻繁に使う操作なのかは、ひとまず置いておき、同様の切り替えをFirefoxのタブで実現するのが、今回紹介する「FoxTab」である。

001

使い方は簡単で、アドオンをインストール後にツールバーに現れる[FoxTab]ボタンをクリックすればよい。また、[Ctrl]+[Tab]キーでも操作が可能。背景色をカスタマイズできるほか、立体表示も複数から選択が可能だ。「Windows 7が出たけど、しばらくはXPで」と考えているユーザーは、何となくXP以上の視覚効果を味わうために、使ってみてはいかがだろうか。

002

・FoxTab :: Firefox Add-ons
https://addons.mozilla.jp/firefox/details/8879
・GOGA - みんなの拡張機能 dragdropupload (id=4396)
http://minkaku.goga.co.jp/comment.php?ext_id=4396

2009年10月18日日曜日

Firefoxアドオン「dragdropupload」をGmailで使う時の傾向と対策

001

GmailなどのWebメールでメールを作成する際に、ドラッグ&ドロップでファイルを添付できるようにするFirefoxアドオンが「dragdropupload」だ。しかし、最新版のGmailでは、「高度なファイル添付機能」によって「ファイルの添付」をクリックした際に、ファイル選択のダイアログが開いてしまい、「dragdropupload」をうまく使えない場合がある。

そもそも、「高度なファイル添付機能」とは、アドオンなどを使うことなく複数ファイルを一度に添付できる機能。とはいえ、ダイアログでファイルを保存しているフォルダを探し出すのは手間だし、複数フォルダにあるファイルを添付する際などは余計に面倒だ。

そこで、Gmailで何としても「dragdropupload」を使いこなすための傾向と対策を見ていこう。

まず、「dragdropupload」をインストールした後で、Gmailの画面を開いたら、「設定」の一番下で「基本的なファイル添付機能」を選んで、変更を保存する。

002

これで、メール作成画面を開いて、「ファイル添付」をクリックすると、パスを入力するためのボックスが現れるので、「dragdropupload」のいつもの使い方でファイルをドラッグ&ドロップすれば良い。

003

しかし、複数ファイルを添付した際に、ここでメールの下書き保存を行うと、次のように表示されて一つのファイルしか添付されていないかのように見える。

004

その場合は、「下書き」フォルダから再度メールを開いてみよう。すると、ドラッグ&ドロップしたファイルが添付されていることを確認できる。(ただし、実際に一つのファイルしか添付されていないケースもある)

005

一旦、「下書き」フォルダに戻って確認するのが億劫という人には、「簡易HTMLバージョン」でGmailを表示するのが良いかもしれない。簡易HTMLバージョンでは、メールを作成する際に最初から添付ファイル用のボックスが表示されているので、一度クリックする手間もない。

006

さらに、ファイルをドラッグ&ドロップして下書き保存すれば、すぐにファイルが何点添付されているかを確認できる。

007

「dragdropupload」×Gmailを使いこなして、快適なメールライフを過ごしてみてはいかがだろうか。

・dragdropupload :: Firefox Add-ons
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2190
・GOGA - みんなの拡張機能 dragdropupload (id=109)
http://minkaku.goga.co.jp/comment.php?ext_id=109

2009年10月14日水曜日

NAVERフォトエディターで「境界線を描く」方法

オンラインの画像編集ソフトながら、かなり使えるツールである「NAVERフォトエディター」。

ブログなどに写真やスクリーンショットを載せる際に、注目してほしい箇所を線で囲みたいこともあるだろう。「Photoshop」などでは、「選択範囲の境界線を描く」というメニューを選んで、境界線を描くことができる。しかし、「NAVERフォトエディター」では、残念ながらまだそのような機能はない。

しかし、ちょっと手間を掛ければ、「NAVERフォトエディター」でも境界線を描くことができる。その方法を紹介しよう。

002_copy

境界線を描くためには、「レイヤー」機能を使う。

まず、新たなレイヤーを作成したら、そのレイヤー上で境界線を描きたい部分を選択して、「バケツ」で塗りつぶしを実行する。

002

次に、塗りつぶした範囲の内側を「範囲選択」ツールで選択しよう。

003_copy

そこで、「消しゴム」ツールを使う。選択した範囲を消しゴムできれいに消せば、縁の部分だけが残り、あたかも境界線を描けたかのようになる。

004_copy

あくまで「NAVERフォトエディター」で画像編集したいという人に、オススメのTipsだ。

NAVERフォトエディター

2009年9月6日日曜日

夏フェスで見つけたインタラクティブムービー

先週末、中伊豆の萬城の滝キャンプ場で開かれたFitnessというフェスに行ってきた。



そこでVJの一人がちょっと面白いビデオインスタレーションをやっていたので紹介したい。さっそく実際の動画を見てみよう。




何がどうなっているかというと、まず、白い布を吊ってスクリーンを作り、その下にムービーカメラを設置しておく。次に、ムービーカメラで撮影された映像をPCに取り込む。その映像に別のプログラムを被せて裏側からスクリーンに投影する。すると、その前に来た人は、自分であって自分でない、妙な生き物をスクリーン上に見ることができるのだ。特に面白かったのは、ごく短い時間の動作を連続で高速再生する仕掛けで、たとえば人にパンチをすると、それがあたかも「北斗の拳」の北斗百烈拳のように見える。



このプログラムには10種類ほどパターンがあり、雪のような物体が肌色に触れて弾けるもの、人の体だけをイリュージョンのように見せてしまうものなど、様々。いい年した大人も子供のように喜んで遊んでいたのが印象的で、野外フェスにはうってつけの仕掛けだと感じた。このVJさんは、mixiアプリも作っているので、興味のある方は下のリンクからどうぞ。


・yourmusic+(サウンドビジュアライザーのmixiアプリ)
http://mixi.jp/view_appli.pl?id=6005(mixi)
http://www.yourmusicplus.net/index.php(Web)

・80ur0b0r0s(VJさんのmyspaceページ)
http://www.myspace.com/80ur0b0r0s

「NAVERフォトエディター」入門:(3)基本操作と保存

03010_copy

今回は、「NAVERフォトエディター」の基本的な操作方法と画像編集した後のファイルの保存について見ていこう。まず、アップロードした写真を大きめのサイズで見たい場合や、原本のサイズを確認したい場合は、左下の[100%]ボタンをクリックする。すると写真が等倍のピクセルで表示され、原本のサイズが画面をはみ出した場合は、画面左下の「画面情報」で現在写真のどの部分を表示しているかがわかる。写真にマウスカーソルを合わせると、手のひらのマークに変化し表示する部分を変えられる。

[自動調整]ボタンをクリックすれば、表示サイズが変化し、ちょうど良いサイズで写真が表示される。
また、ボタンの左にあるバーを動かして、表示サイズを小さくしたり、100%よりも大きいサイズで写真を確認することも可能だ。マウスホイールで表示の拡大/縮小もできる。

0302_copy

アップロードした写真の切り替えは、画面の下側にある5枚のパネルで行う。パネルのサムネイルをクリックすれば、その写真が表示され、編集できる。もしも、アップロードしたものの編集する必要がない時などは、サムネイルの右上にある[×]ボタンをクリックして、パネルから削除すれば良い。

0303

画像編集を行った後で写真を保存するには、右下の[保存]ボタンをクリックする。

0304_copy

ファイル名やファイル形式を設定するダイアログが表示される。保存できるファイル形式は3種類。JPEGの場合は画質を設定することが可能。また、PNGのほか「NEVERフォトエディター」専用の形式である「NPE」でも保存できる。NPEの場合は、レイヤー構造がそのまま保存される。なお、ファイル名はデフォルトで「"元のファイル名"_copy.jpg」などとなるため、誤って上書き保存してしまうこともないだろう。

0305_copy

・NAVERフォトエディター
http://photoeditor.naver.jp/

2009年9月5日土曜日

「NAVERフォトエディター」入門:(2)写真の切り抜き

0204_copy

「NAVERフォトエディター」で、写真を切り抜いてサイズの調整を行ってみよう。まず、画面右下の[参照]ボタンから画像のアップロードを行った際に、大きめの写真だと自動的にサイズの調整が行われ、縦横の長いほうを2000ピクセルとして縮小される。プリントを目的にしているならまだしも、ブログなどに写真を載せたい場合なら、2000ピクセルあれば十分だし、むしろ切り抜きや縮小が必要なところだろう。

0201_copy

画面上部にあるツールバーで[切り取り]をクリックすると、写真の上にオプションバーが表示される。縦横の比率を保ったまま切り抜きたい場合は、「比率維持」にチェックを入れる。自由なサイズに切りたい場合はチェックを外そう。

0202_copy

あとは写真の上でドラッグして切り抜く範囲を指定する。ここで気をつけたいのは、比率を維持して切り抜く際に、選択範囲が写真を超えてしまうことだ。写真を超えて切り抜くと、写真の周りに余白ができてしまう。そのため、たとえば右下隅の部分を切り抜く場合は、左上からではなく、右下から範囲の指定を行ったほうが良い。

マウスから指を離すと選んだ部分だけが明るく表示され、周囲は暗くなる。この選択範囲はマウスでドラッグして移動させることが可能。また、選択範囲からマウスを離すと回転した矢印が表示され、この時にドラッグすれば選択範囲を回転できる。

0203_copy

オプションバーの[適用]ボタンをクリックすれば、選択範囲が確定し、切り抜きが行われる。切り抜きに失敗しても心配することはない。画面下にある[初期化]および[元に戻る]ボタンで元に戻すことができる。もっとも、同じファイル名で上書き保存しない限り、PCに保存している写真には何ら影響はない。

0205_copy

・NAVERフォトエディター
http://photoeditor.naver.jp/

2009年9月4日金曜日

SocialWeb2.0Party Vol.2に行ってきた

写真 4_copy_copy

ネットサービスを日頃から楽しんでいる人たちが集まってゆるく交流するイベント「SocialWeb2.0Party (そーしゃるうぇぶつーぽんとおーぱーてぃー) Vol.2」が9月3日、赤坂見附のワイン居酒屋「あじる亭」で行われた。

ワインやビール、料理を立飲食しながらサービス提供者やメディア運営者のプレゼンを傾聴するという方式で、当日の会場は身動きが取れないほどの大盛況。プレゼンの詳しい内容はTwitterのハッシュタグ 「#swp」等に譲るとして、プレゼントなどで入手したアイテムでイベントを振り返ってみる。

検索サービスの「JWord」は、新しい検索ツール「ゴルゴサーチ」についてプレゼン。参加者には帰り際に、ステッカーと携帯ストラップがプレゼントされた。

写真_copy

TwitterやTumblrなどのWebサイトでの活用状況をプレゼンしたのは、「Movale Type」を販売している「シックス・アパート」。希望者は「シックス・アパート飴」とステッカーを貰うことができた。

写真 2_copy

このイベントで大活躍したのが話題のデジタル名刺ガジェットの「Poken」。会場でも割引販売が行われていて、その場で購入して即使用する人も多く見受けられた。

写真 3_copy

さらに、Pokenの応援ソング「恋するPoken」も初披露された。熱唱したのはPokenガールの潤海ナナちゃん。イベントのエンディングでも再び披露され、おおむね好評を博した模様。

写真5_copy
(会場の熱気により、ややピンボケしています)

そのほかにも、自分史創造コミュニティー「Histy」や高速道路ルート・料金検索の「高速.jp」、タクシー相乗りサイト「タクトモ.com」などのプレゼンが行われた。

・SocialWeb2.0Party実行委員会
http://socialwebparty.blog54.fc2.com/